陣痛促進剤が効かない原因とは【考えられる3つの原因を解説】

陣痛促進剤が効かない原因って何?
誘発分娩のために入院して陣痛促進剤を投与してもらってるけど、なかなか効きません…

そんな妊婦さんへ。

本記事では、以下の内容についてお話します。

  • 陣痛促進剤が効かない原因とは【主に3つ考えられます】
  • 陣痛促進剤が効かなくても焦りすぎないで

陣痛促進剤というと効果が強力なイメージがありますよね。でも、実は陣痛促進剤が効かないケースというのも一定数あるんです。

この記事を読んで、その原因について理解を深めてみましょう。

■陣痛促進剤が効かない原因とは

疑問

陣痛促進剤が効かないときに考えられる原因として、以下の3つがあります。

  1. 赤ちゃんにへその緒が巻き付いている
  2. 赤ちゃんの大きさや位置
  3. 体質

もちろん上記以外のことが原因である可能性もありますが、わりとよくあるパターンとして、上記3つが多いということです。

では1つ1つについて、詳しく解説していきます。

1.赤ちゃんにへその緒が巻き付いている

陣痛促進剤が効かない原因として、お腹の中の赤ちゃんにへその緒が巻き付いているというパターンがあります。

へその緒が巻き付いていると、赤ちゃんがスムーズに降りてこられなくなるからです。

へその緒が胎児に巻き付くこと自体は、よくあることです。ただ、ぐるぐると何重にも巻き付いていたりすると、お産は進みづらくなります。

上記のように、陣痛促進剤を使ってもなかなかお産が進まず帝王切開をした結果、実はへその緒がぐるぐる巻きになっていたというケースもあるんですよ。

2.赤ちゃんの大きさや向き

陣痛促進剤が効かない原因として、お腹の中の赤ちゃんの大きさや向きが関係していることもあります。

胎児の体が大きかったり向きが悪かったりすると、頭や足が引っかかって、なかなか降りてこられなくなるからです。

私自身、第一子出産時は子宮口7cmくらいまでは順調だったのですが、途中で赤ちゃんの頭が引っかかってしまって、そこから少し陣痛が停滞したという経験があります。

お腹の左側に引っかかっていたので、助産師さんの指示でしばらく右を下にして横向き寝していたら、引っかかりが取れたのかその後お産が進みました。

へその緒と同じで、赤ちゃんが物理的に降りてこられない状況になってしまうということですね。

3.体質

陣痛促進剤が効かない原因として、単純に体質も考えられます。

陣痛促進剤といえど薬は薬なので、効かない体質の人には効かないからです。

薬の効きやすさ・効きにくさは、以下のようなさまざまな要因によって、1人1人異なってきます。

  • 年齢
  • 健康状態
  • 遺伝子構造など

そのため陣痛促進剤が体質的に効かないという人も、一定数いるはずです。

どんな薬でも、万人に効くものはありません。陣痛促進剤もしかりです。

■陣痛促進剤が効かなくても焦りすぎないで

笑顔

いざ陣痛促進剤を使い始めても、陣痛が来なかったりお産が進まなかったりすると、精神的に焦りが出てきますよね。

大なり小なり痛みはあるでしょうし、「いつまでこの状態が続くのか」という先が見えない不安にとらわれるはずです。

早く赤ちゃんに会いたいという気持ちが爆発して、泣きたくなる人もいるでしょう。

でも安心してほしいのが、まだ子宮の中が良好な状態(=正産期の段階)でお腹の中に長くいる分には、赤ちゃんにとって悪いことはありません。

むしろお腹の中は、赤ちゃんにとってものすごく安全で育ちやすい環境なんです。「お腹の中の1日は、外の世界の1週間」なんて言われるくらいですからね。

なので、「今は陣痛促進剤が効くかどうかを試しているだけの期間だ」と思って、なんとか乗り切りましょう。

居心地最高なお腹の中で、赤ちゃんは今もすくすくと成長していますよ。

■まとめ:陣痛促進剤が効かない原因は、へその緒・赤ちゃんの大きさや向き・妊婦さんの体質など

妊婦さん

これまでのお話をまとめます。

  • 陣痛促進剤が効かない原因として、へその緒の巻き付き・赤ちゃんの大きさなどの物理的要因がある
  • 陣痛促進剤といえど薬なので、体質的に効かない妊婦さんもいる
  • 陣痛促進剤が効かなくても大丈夫。正産期にお腹の中に長くいる分には全く問題ない

どんな過程であっても、結局は母子ともに健康な状態で出産を終えられれば、何でもいいんです。

赤ちゃんと会える日は間近ですよ。がんばっていきましょう。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。