「陣痛がきてもわからない」なんてことはあるのか?【初産婦さん必見】

「陣痛が来てもわからない」とか「気付かない」なんてことはあるのかな。
いざ陣痛がきたときにちゃんと判断できるか不安…

そんな妊婦さんへ。

本記事では、以下の内容についてお話します。

  • 陣痛の始まりの段階では、わからないこともある
  • いつまでも「陣痛だとわからない」なんてことは、まずない
  • 疑わしき痛みは記録せよ

この記事を書いている私は出産経験があり、陣痛がどういうものかを身をもって体験済です。当時のお話も少し交えつつお話していきますので、ぜひご覧ください。

この記事を読めば、陣痛を見分けるポイントも学べますよ。

■「陣痛がきてもわからない」なんてことはあるのか?

疑問

1.陣痛の始まりの段階では、わからないこともある

実際のところ、陣痛が始まった段階では、それが陣痛かどうかの判断はつきづらいです。

というのも陣痛の始まりの痛みは、「軽めの張り」だったり「軽めの腹痛・腰痛」であることがほとんどだからです。

出産間近になると、陣痛じゃなくてもしょっちゅうお腹は張るようになるし、前駆陣痛で軽い腹痛・腰痛が起こったりもするので、これらと本陣痛とを感じ分けることは、最初の段階では難しいでしょう。

でも、安心してください。
これはあくまで陣痛の始まりの段階の話であって、いつまでもそのあいまいな状態が続くわけではありません。

2.いつまでも「陣痛だとわからない」なんてことは、まずない

初めは本陣痛かどうかを判断できないとしても、「いつまでたっても陣痛かどうかわからない」とか、「産まれる直前まで陣痛だと気付かない」なんてことは、まずありえません。

特に初産の場合はないでしょうね。経産婦さんだと、まれにあるかも…

なぜなら本陣痛であれば、以下のような特徴が出てくるからです。

  1. 痛みが定期的なリズムでやってくる
  2. 痛みと痛みの間隔がだんだん短くなってくる
  3. 1回の痛みの持続時間がだんだん長くなってくる
  4. 痛みがだんだん強くなってくる

上記の特に4が、「いくらなんでもこれは陣痛だ」と気付くポイントです。時間がたつにつれて、痛みの強さに耐えられなくなってきます。

陣痛の本格的な痛みは、単なるお腹の張りや前駆陣痛の痛みとは、次元がちがいます…

私の場合、陣痛の始まりは軽い腰痛でした。でもそれが徐々にひどい腹痛に変わっていったので、2時間くらいたってから「さすがに相当痛いからこれ陣痛だ」と思い至りました。

3.疑わしき痛みは記録せよ

というわけで、もし「これって陣痛?」と思えるような「繰り返しやってくる痛み」がきたら、まずはその痛みがくるたびに毎回、以下の2点を記録してください。

  • 痛みの開始時刻
  • 痛みの持続時間

そして、しばらく記録し続けたうえで、

  1. 痛みが定期的なリズムでやってきている
  2. 痛みと痛みの間隔がだんだん短くなってきている
  3. 1回の痛みの持続時間がだんだん長くなってきている
  4. 痛みがだんだん強くなってきている

これらの条件に多くあてはまった場合は、本陣痛と考えていいでしょう。

※「痛みと痛みの間隔」とは?
痛みの開始時刻と開始時刻の差のこと。たとえば痛みが10時ちょうどから始まったとして、次の痛みが10時10分から始まったとしたら、間隔は10分。

なおご参考まで、私が以前出産したときの「陣痛の始まりの記録」は、以下のとおりです。↓以下、痛みの開始時刻(継続時間)

04:32(50秒)→ 04:43(50秒)→ 04:49(50秒)→ 04:55(30秒)→ 05:00(45秒)→ 05:11(35秒)→ 05:16(45秒)→ 05:24(50秒)→ 05:30(30秒)→ 05:34(25秒)→ 05:41(50秒)→ 05:56(30秒)→ 06:02(40秒)→ 06:08(35秒)→ 06:15(40秒)→ 06:21(30秒)→ 06:28(30秒)→ 06:32(30秒)

後半の方が持続時間が短くなっているのは不思議ですが…まあこういうケースもあります。

いずれにせよ、疑わしき痛みは記録。これを頭に入れておきましょう。

■まとめ:「いつまでも陣痛だとわからない」なんてことは、ほぼありえません。ご安心を。

妊婦さん

これまでのお話をまとめます。

  • 陣痛が始まった段階では、それが陣痛かどうかの判断はつきづらい
  • 時間がたつごとに痛みが強くなるため、いずれは「陣痛だ」とわかるはず
  • 陣痛かどうかを見きわめるポイントは、痛みの「リズム」と「間隔」と「持続時間」と「強さ」
  • 疑わしい痛みがきたら、痛みの開始時刻と持続時間を記録しよう

特に初産だとわからないことだらけで、出産間近はいろんなことが不安になってきますよね。

でも大丈夫、いざ陣痛が来たら、最終的にはちゃんと気付きます。だからそこは心配しすぎず、どんと構えておいてくださいね。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。