妊婦さんの便秘におすすめのお茶3選【比較しやすくまとめました】

妊婦でも飲める、便秘に効くお茶があれば知りたいな。
便秘がつらいけど、なるべくなら便秘薬は飲みたくないし…

そんな妊婦さんへ。

この記事では、便秘で悩む妊婦さんにおすすめしたい3つのお茶をご紹介します。

妊婦さん向けに作られた、安全性が高いものだけを厳選しました。
価格や特徴など比較しやすいようまとめましたので、ご覧ください。

■妊婦さんの便秘におすすめのお茶3選

お茶

便秘で悩む妊婦さんにおすすめしたいお茶は、以下の3つです。

おすすめする理由としては、上記のお茶は以下ポイントをすべて満たしているから。

  • 妊婦さん向けに作られていて、安全性がきわめて高い
  • 腸内環境を改善し、「自然で安定的なお通じ」につながる
  • つわり中でも飲みやすい、おいしい

というわけで、さっそく1つずつ見ていきましょう。

※ご紹介するお茶はいずれも単品購入できますが、この記事ではより安く購入できる定期便価格を記載しています。

1.すっきり贅沢抹茶

↓定期便で最大50%オフ!
定期便価格(税抜)約30日分3600円、約15日分2520円。送料無料
定期便解約条件特になし
安全性ノンカフェイン、無添加、無着色、農薬不使用
便秘解消ポイント食物繊維・ガラクトオリゴ糖・有胞子性乳酸菌・ビフィズス菌BB536等配合
こんな効果も葉酸・鉄分も摂取できる
飲みやすさほんのり甘めでクセなし

すっきり贅沢抹茶は、銘店賞受賞歴のある老舗お茶屋さんが作った抹茶です。

優秀な食物繊維である「桑の葉」で作られた抹茶なので、飲むだけでお通じの改善をサポートしてくれます。

一番の特徴は、妊婦さんにとって大切な「葉酸」と「鉄分」もしっかり摂取できるところ。

「便秘がひどい」かつ「葉酸サプリ飲んでない」という妊婦さんにおすすめです。

公式サイトはこちら⇒現在、妊娠中のあなたへすっきりを実現する商品【すっきり贅沢抹茶】

2.するっと抹茶

↓今なら「はじめてセット」10%オフ!
定期便価格(税抜)30杯分5400円、60杯分9360円。送料無料
定期便解約条件3回分の商品受取必須
安全性保存料・防腐剤・人工甘味料・着色料無添加、ノンカフェイン、残留農薬・残留放射線等検査済、国内製造
便秘解消ポイント善玉菌+有機酸で胃腸を弱酸性に保ち、腸内フローラを整える
こんな効果もお肌改善
飲みやすさ新鮮な桑抹茶に、てんさい糖で自然な甘みをプラス

するっと抹茶は、販売実績100万杯・リピート率80%以上という、信頼度のあつい便秘茶です。

原料である「グア豆」の成分が、善玉菌のエサとなって腸内フローラを整えてくれます。

一番の特徴は、ビタミン・ミネラルなど天然の栄養成分をバランスよく摂取できるところ。
「便秘がひどい」かつ「最近、栄養が不足してるかも」という妊婦さんにおすすめです。

今なら数量限定で、約10杯分の「はじめてセット」が10%オフになっています(税抜1800円)。

公式サイトはこちら⇒毎日のすっきりを応援!するっと抹茶

3.するっとカフェ

↓今なら「はじめてセット」10%オフ!
定期便価格(税抜) 30杯分5400円、60杯分9360円。送料無料
定期便解約条件3回分の商品受取必須
安全性保存料・防腐剤・人工甘味料・着色料無添加、ノンカフェイン、残留農薬・残留放射線等検査済、国内製造
便秘解消ポイント善玉菌+有機酸で胃腸を弱酸性に保ち、腸内フローラを整える
こんな効果もお肌改善
飲みやすさ大麦オルゾを使った、本場のコーヒーの味

するっとカフェは、「するっと抹茶」の生みの親であるおつうじ屋が開発した、ノンカフェインコーヒーです。

するっと抹茶と同じく「グア豆」が使われているので、腸内の善玉菌を増やすサポートをしてくれます。

一番の特徴は、女性の美容に欠かせない「必須アミノ酸」成分がたくさん含まれているところ。

「便秘がひどい」かつ「最近、お肌が荒れてる」という妊婦さんにおすすめです。

こちらも今なら数量限定で、約10杯分の「はじめてセット」が10%オフになっています(税抜1800円)。

公式サイトはこちら⇒自然のリズムを呼び覚ます【するっとカフェ】

■まとめ:妊婦さんの便秘には、便秘解消用のお茶を試してみよう

お茶

妊婦さんの便秘におすすめのお茶を、まとめます。

妊娠中は、つわりなどの影響で食事内容がどうしても偏りがちになってしまいますよね。

そんなときこそ、便秘に効くお茶の出番。
腸に良い成分がたっぷり含まれたお茶を飲んで、効率的に腸内環境をととのえていきましょう。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。