私が糖負荷検査の再検査をクリアした9つの対策法【食事対策や運動など】

50g糖負荷検査に引っかかってしまい、再検査が決まりました…
再検査は何が何でもクリアしたいから、できる対策があれば全て教えてほしいです。

そんな妊婦さんへ。

本記事では、以下の内容についてお話します。

  • 私が糖負荷検査の再検査をクリアした9つの対策法
    ―基本の食事対策7つ
    ―追加対策2つ

ご紹介する9つの対策は、実際に私が妊娠中、50g糖負荷検査に引っかかってから再検査日までの1週間の間に行っていたものです。そのかいあってか、再検査は余裕の値でクリアすることができました。

なおご参考まで、当時の私の検査結果の数値は以下の通りです。

  • 50g糖負荷検査
    食後1時間後血糖144
    ⇒上限139のためアウト
  • 再検査
    食前血糖61(上限91)
    1時間後血糖136(上限179)
    2時間後血糖121(上限152)
    ⇒無事クリア!

あなたもこの記事を読んで、再検査クリアに向けて、さっそく今日から動き始めましょう!

■私が糖負荷検査の再検査をクリアした9つの対策法

todo

糖負荷検査の再検査に向けた「9つの対策法」は、以下の2つに分かれています。

  1. 基本の食事対策7つ【必須】
  2. 追加対策2つ【任意】

まずは1の「基本の食事対策」を徹底することに集中してもらって、余裕があれば2の「追加対策」を行ってください。
何よりも大切なのは、1の食事対策です。

では、詳しい対策内容を以下より解説していきます。

1.基本の食事対策7つ【必須】

糖負荷検査の再検査に向けて、まずは以下7つの食事対策を徹底してください。

  1. バランスのとれた食事をとる
  2. 食事は腹8分目におさえる
  3. ゆっくりよく噛んで食べる
  4. 糖質の種類を正しく選ぶ
  5. 食べる順番に気を付ける
  6. 1日3食、規則正しくとる
  7. 間食は食べるものや量・タイミングに注意

上記について、詳しくは血糖値が上がらない7つの食べ方【妊婦さん必見です】の記事で具体的に解説しております。こちらの記事を読んで、さっそく今日から食事方法を見直してみましょう。

上記7つを守りつつ食事をしていけば、血糖値が上がりにくくなり、糖負荷検査の再検査は格段にクリアしやすくなります。

なお、私が再検査クリアに至った「食事メニュー改善例」について、別途 私が糖負荷検査の再検査をクリアした食事改善例【写真付き】の記事でご紹介しております。食事メニューの参考にしたい方は、こちらもぜひ読んでみてください。

2.追加対策2つ【任意】

さて、先にご紹介した「7つの食事対策」を行いつつも、再検査に向けてさらに盤石な体制をとっていきたい方は、以下2つの対策も行ってください。

  1. こまめな水分補給
    →代謝を良くして、糖質の消費効率を上げます。
  2. 食後の運動
    →ウォーキング・つま先立ち・家事掃除など。糖質をエネルギーとして消費できます。

上記2点を行うことで、体にとりこまれた糖質が効率よく消費され、血糖値の上昇を防ぐことができます。

なお食後の運動については、具体的なやり方などを【妊婦さん向け】血糖値を下げる食後の運動3選【手軽にできます】の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

ここまでやっておけば、体質的な要因などがない限り、糖負荷検査の再検査はクリアできるはずです。

ただし、先にご紹介した「7つの食事対策」が徹底できていることが大前提です。食事対策が不十分だと上記を行っても効果は薄いので、それであればまず食事対策の方に労力をさくべきです。そういった意味で上記2点は「任意項目」なんです。

■まとめ:糖負荷検査の再検査に向けて、「基本の食事対策7つ」と「追加対策2つ」を実践してみよう

妊婦さん

糖負荷検査の再検査に向けた「9つの対策法」を、おさらいしましょう。

まずは、基本の食事対策7つ。

  1. バランスのとれた食事をとる
  2. 食事は腹8分目におさえる
  3. ゆっくりよく噛んで食べる
  4. 糖質の種類を正しく選ぶ
  5. 食べる順番に気を付ける
  6. 1日3食、規則正しくとる
  7. 間食は食べるものや量・タイミングに注意

そして、追加対策2つ。

  1. こまめな水分補給
  2. 食後の運動

あとで後悔しないためにも、今できることはしっかりやって、万全の状態で再検査に臨んでくださいね。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。