妊娠初期の腹痛、いつまで続く?【結論:安定期が目安です】

妊娠初期の腹痛って、いつまで続くんですか?
あと、腹痛が楽になる方法も知りたいです。

そんな妊婦さんへ。

本記事では、以下の内容についてお話します。

  • 妊娠初期の腹痛、いつまで続く?
  • 妊娠初期の腹痛への対処法
  • 妊娠初期の腹痛、お腹の中の赤ちゃんへの影響は?

私自身、妊娠初期当時は腹痛がありました。そのあたりの体験談も少し交えつつ、「妊娠初期の腹痛」についてわかりやすく解説していきますので、ぜひ読んでみてください。

■妊娠初期の腹痛、いつまで続く?

期間

結論から言うと、妊娠初期の腹痛は、安定期に入るころには楽になる可能性が高いです。

妊娠初期の腹痛の原因は、子宮の増大や便秘などさまざまですが、その大本には「ホルモンバランスの急激な変化」がからんでいると考えられるからです。

この「ホルモンバランス」、安定期に入るころには変動が落ち着くため、そのタイミングで腹痛などの症状も治まるというわけです。

チクチクとした腹痛生理痛のような腹痛、腰痛とセットで来る腹痛など、妊娠初期の腹痛は人によってさまざまですが、たいていのものは安定期に入るころには楽になると考えておきましょう。

実際、「腹痛を感じていたのは妊娠初期の間だけ」という妊婦さんは多いです。私の場合も、妊娠5週目から7週目にかけてのみ、チクチクとした腹痛を感じていました。

ただし、安定期以降も腹痛が続くケースがないわけではありません。というのも安定期以降は子宮がどんどん大きくなっていくので、腸が圧迫されて便秘や下痢になることで、腹痛が引き起こされることがあるからですね。

■妊娠初期の腹痛への対処法

リスト

妊娠初期に腹痛があるときの対処法は、以下の6つです。

  1. 横になって休む
  2. 腸内環境をととのえる
  3. 腹巻をする
  4. できるだけストレスをためない
  5. 冷たいものばかり食べない
  6. 腹痛があまりにひどければ受診する

では1つ1つについて、簡単に説明していきます。

1.横になって休む

妊娠初期の腹痛がつらい時は、とにかく横になって休むようにしましょう。

痛みがあるときにやたら動くと、疲れやストレスにつながってしまうからです。

痛みというものは、横になって休めば少し治まるものです。なるべく楽な状態でいられるよう心がけましょう。

2.腸内環境をととのえる

妊娠初期の腹痛を和らげるために、生活習慣を改善し腸内環境をととのえましょう。

腸内環境がととのえば、腹痛の原因となりうる便秘や下痢を防げるからです。

腸内環境をととのえるための具体的な方法は、妊娠中の便秘解消法20箇条【どうしても出ない方、必見です】の記事にまとめておりますので、ぜひご覧ください。

3.腹巻をする

妊娠初期の腹痛には、腹巻も試してみてください。

お腹が包まれることによる温かさと安心感で、痛みが和らぎやすくなります。

妊婦さん用の腹巻なら、締め付けもなく生地の質も良くて快適です。
私は妊娠中ずっと、トコちゃんベルト用の腹巻をつけていました。すごく気持ち良くて、かゆくもならないのでおすすめです。

4.できるだけストレスをためない

ストレスをためないようにするだけでも、妊娠初期の腹痛は治まりやすくなります。

ストレスは、腸の動きを狂わせる大きな要因だからです。

仕事は早く切り上げる・家事は旦那さんに手伝ってもらうなどして、1日の中で「くつろげる時間」をなるべく多くとるようにすれば、ストレスがたまりにくくなりますよ。

5.冷たいものばかり食べない

冷たいものばかり食べないようにすることも、妊娠初期の腹痛には有効です。

冷えは、腸の働きを悪くする要因だからです。

つわりがひどく、冷たいものしか食べられない場合は、せめて一緒に温かい飲み物をとるよう心がけましょう。
白湯などは味がないので、つわりの時でも飲みやすくおすすめです。

6.腹痛があまりにひどければ受診する

妊娠中の腹痛があまりにひどいようであれば、一度受診しましょう。

何らかのトラブルが起こっている可能性もいなめないので、念のためエコーで見てもらった方が安全です。

受診の際は、以下のことを産院に伝えてくださいね。

  • いつから痛いのか
  • どこが痛いのか
  • どんな痛みなのか
    ←「ずっと治まらない痛み」「規則的に繰り返す痛み」など
  • 出血はあるか
    ←ある場合は、その量や色・状態など

■妊娠初期の腹痛、お腹の中の赤ちゃんへの影響は?

妊婦さん

妊娠初期の腹痛そのものが、お腹の中の赤ちゃんに流産などの悪影響を及ぼすことは、まずありません。

流産などは先天的な要因で起こるものがほとんどであり、母体の状態によって引き起こされることはごくまれだからです。

ただし、「何らかのトラブルによって腹痛が発生している」という可能性は否めないので、腹痛があるときはかかりつけの先生にきちんと伝えましょう。

とはいえ妊娠初期の腹痛は多くの妊婦さんが抱える症状ですし、エコーで赤ちゃんが順調に成長しているのなら、そこまで心配はいりません。私自身、妊娠初期に腹痛がありましたが無事出産に至っていますからね。

■まとめ:妊娠初期の腹痛はいつまで続く?⇒「安定期に入るころ」が目安です

妊婦さん

これまでのお話をまとめます。

  • 妊娠初期の腹痛は、安定期に入るころには楽になる可能性が高い
  • 妊娠初期の腹痛への対処法は、横になって休む/腸内環境をととのえる/腹巻をする/ストレスをためない/冷たいものばかり食べない/腹痛がひどければ受診する
  • 妊娠初期の腹痛そのものが、お腹の中の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはまずない

「妊娠初期の腹痛、いつまで続くんだろう…」という漠然とした不安、少しは解消されましたか?

不安が解消されたら、今度はその腹痛を楽にするべく、ご紹介した対処法を試してみてくださいね。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。