妊娠初期、くしゃみで腹痛…お腹の赤ちゃんは平気?【結論:問題なし】

今妊娠初期ですが、くしゃみをした瞬間、かなりの腹痛が…!
お腹の中の赤ちゃんは大丈夫でしょうか。不安です…

そんな妊婦さんへ。

本記事では、以下の内容についてお話します。

  • 妊娠初期、くしゃみで腹痛…お腹の中の赤ちゃんは平気?
  • 妊娠初期のくしゃみで腹痛が起こる原因
  • 「腹痛が起こりにくい」くしゃみの仕方

実は「妊娠初期のくしゃみで腹痛」というのは、多くの妊婦さんが経験する症状です。
私自身、妊娠初期の頃はくしゃみをすると腹痛がありましたよ。

この記事を読めば、今の不安な気持ちを解消できるかと思います。

■妊娠初期、くしゃみで腹痛…お腹の中の赤ちゃんは平気?

くしゃみ

結論から言うと、妊娠初期にくしゃみをして腹痛があったとしても、お腹の中の赤ちゃんは平気です。

赤ちゃんは羊水でしっかりと守られているからです。くしゃみで腹圧がかかったくらいでは、衝撃は受けません。

ましてや妊娠初期のくしゃみによって流産になるなんてことは、まずありえません。もしそんなことが起こるとしたら、花粉症シーズンに流産が多発することになってしまいます。

私自身、妊娠初期当時はくしゃみをすると「ピキッ」というような腹痛がありました。最初は怖くてくしゃみを我慢したりもしていましたが、そのうち気にしないようになって、普通にばんばんくしゃみしていましたよ(笑)。

■妊娠初期のくしゃみで腹痛が起こる原因

そもそも…?

妊娠初期のくしゃみで腹痛が起こる原因は、「子宮が大きくなっている最中だから」ということが考えられます。

赤ちゃんの成長に伴って、子宮はぐんぐん引き伸ばされていきます。そんな状態でくしゃみをするということは、筋肉がつっぱっている状態で衝撃を加えることと同じなので、強い痛みが生じるのはある意味当然です。

ただ本来は、妊娠中に限らずとも、くしゃみをすると多少の腹痛は生じるものです。でも普段気にすることのなかったその痛みが、妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを心配するがあまりに、やけに敏感に感じとってしまうという部分もあるでしょう。

■「腹痛が起こりにくい」くしゃみの仕方

大丈夫

腹痛が起こりにくくなるくしゃみの仕方は、「体を丸めてくしゃみをする」という方法です。

体を丸めることで、お腹(子宮)の筋肉がゆるむからです。結果、くしゃみによって受ける衝撃が軽くなります。

体を丸めて猫背気味になって、優しくくしゃみをしましょう。また、お腹に手をあてながらくしゃみをすると、なんとなく痛みが緩和される気がするのでおすすめです。

逆に一番よくないのは、寝転がって仰向けになった状態でのくしゃみです。お腹が完全にピンと張った状態になるので、くしゃみをしたときの痛みもかなり強いものになってしまうため、避けましょう。

■まとめ:妊娠初期にくしゃみをして腹痛が起こっても、心配しすぎないで

妊婦さん

これまでのお話をまとめます。

  • 妊娠初期にくしゃみをして腹痛があったとしても、お腹の中の赤ちゃんは平気
  • 妊娠中のくしゃみが痛いのは、子宮が引き伸ばされて大きくなっている最中だから
  • 体を丸め、お腹に手を当てながらくしゃみをすれば、腹痛が起こりにくい

妊娠初期はちょっとしたことでも不安になってしまいますよね。でも大丈夫、くしゃみによる腹痛は心配しなくていいんです。

くしゃみの仕方にだけ気を付けて、気を楽にして過ごしてくださいね。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。