つわりのイライラ解消法7選【これでイライラ激減します】

つわりでイライラしてしょうがない…
良い解消法を教えてください。

そんな妊婦さんへ。

この記事では、つわりのイライラ解消法を7つご紹介します。

どれも簡単で、今日から実行できるものばかりです。

私自身が、つわり中のイライラを激減させた方法でもあります。

この方法を実践すれば、イライラする時間がぐっと減って、笑顔が増えますよ。

■つわりのイライラ解消法7選

方法

つわりのイライラを解消する方法は、以下の7つです。

  1. イライラしたことを紙に書き出す
  2. やるべきことをとことん減らす
  3. 共感してくれそうな誰かに相談する
  4. 旦那に要求をはっきり伝える
  5. 生活リズムを規則正しく
  6. 天気の良い日にお散歩する
  7. キレイな風景写真を眺める

では順番に詳しく解説していきます。

1.イライラしたことを紙に書き出す

つわりでイライラが治まらないときは、「何にイライラしたのか」を紙に書き出してみてください。

イライラの原因が明確になるだけでも、わりと解決方向に進めます。

つわりでイライラした時は、紙に書き出そう

たとえば、紙に書き出した「イライラの原因」が大したことじゃなかった場合は、

あ、これそんなイライラすることじゃないや。ちょっと落ち着こう私。

…という感じで客観的かつ冷静になれるし、

あるいは、

あ、私って今、旦那にこういうこと言われるのが嫌なんだな。あと、こういう行動も気に障る。

…という気付きを得れば、旦那さんにその旨を伝えて、その言動をやめてもらうこともできます。

イライラの原因が漠然としたままだと、何も解決しません。

ぱぱっと紙に書き出して原因を明らかにすることが、イライラ解消への大きな一歩になりますよ。

2.やるべきことをとことん減らす

つわりでイライラするときは、家事などの「やるべきこと」をとことん減らしましょう。

ただでさえイライラしているときに、やるべきことがたくさんあると、イライラは増幅する一方です。

具体的には、

  • ご飯はしばらくスーパーのお惣菜で済ませる
  • 家事は夫や親に頼りまくる
  • お風呂やスキンケアも適当に

…といった感じですね。

自分の中での家事等のハードルを、めいっぱい下げてください。

あと、つわりでイライラしているときは、何をするにもゆったりめのスケジュールを組むのがおすすめです。

短時間の間にあれこれ予定を詰め込むと、これもまたイライラの原因になります。

3.共感してくれそうな誰かに相談する

つわりのイライラが治まらないときは、共感してくれそうな誰かに相談しましょう。

イライラについて吐き出し、共感してもらうだけで、気持ちはかなり軽くなります。

相談相手は、できれば旦那さんよりも、実母などの同性がベストです。

確かに、旦那には「イライラしても仕方ないじゃん」って言われて余計イライラした…

でしょ。逆に大半の女性は、ホルモンバランスによるイライラについて理解があるからね。

なお、リアルの相談相手が見つからなければ、SNSを活用するのもアリです。

たとえばツイッターの検索ボックスで「つわり イライラ」と検索すれば、つわりのイライラに悩む妊婦さんのツイートが大量に出てきます。

「これ、めっちゃわかるー!」という意見を見つけるだけでも、ちょっとスッキリするかも?

4.旦那に要求をはっきり伝える

つわりでイライラしているときこそ、旦那さんに何をしてほしいのか、どうしてほしいのかをはっきり伝えるようにしましょう。

向こうから動いてくれるのを期待しても、たいてい期待通りにはならないからです。
結局「なんでわかってくれないの!」と無駄なイライラを抱えることになります。

つわりでイライラしているときは、旦那に期待するのはやめよう

人は1人1人思考回路が違うので、自分以外の人に対しては、要求を言葉にして伝えるべきです。

気を遣ってあえて手伝おうとしない旦那さんも、いるからね。

え、どういうこと?

「俺が余計な手出したら怒り爆発するかもしれないから、極力邪魔しないでおこう」みたいなね。

あー、そっちかあ。

自分がしてほしいことをわかっているのは、自分だけ。要求ははっきり伝えて、無駄なストレスをなくしましょう。

5.生活リズムを規則正しく

つわりのイライラを解消するためにも、生活リズムを規則正しくしましょう。

生活リズムが不規則だと自律神経が乱れて、さらにイライラが増します。

具体的には、

  • 起床時間
  • 食事の時間
  • 就寝時間

上記の3点だけは、ある程度毎日そろえましょう。

理想を言えば、早寝早起きがベストです。

また、朝起きたらなるべく日光を浴びるようにしてください。日光は自律神経の改善に必須です。

自律神経は朝の日光で改善

あと、なかなか夜眠れないという人は、お布団に入って読書してみましょう。

スマホいじりはNGですが、紙の本を読むのは、人によっては入眠効果があります。

6.天気の良い日にお散歩する

つわりでイライラしている時期は、天気(&体調)の良い日にお散歩しましょう。

お散歩(=ウォーキング)が心を落ち着かせることは、医学的にも解明されています。

心地よいと感じる強度で有酸素運動を続けることによって、セロトニンなどの神経伝達物質(神経と神経で連絡を取り合う物質)が分泌されるのです。
セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、脳の中で感情や記憶を司る部分にセロトニンが伝達すると、精神的な落ち着きが得られると言われています。

プラス「10」分のウォーキングから始めるストレス対策―スポーツ庁

近所の公園をぐるっと一周するだけでもいいんです。

近所のスーパーやコンビニに行くだけでもいい。

青空をながめつつ風にあたれば、気分は晴れますよ。

7.キレイな風景写真を眺める

つわりのイライラは、キレイな風景写真を眺めるだけでも落ち着きます。

キレイな風景写真には、癒し効果があるからです。

過去の理研の研究でも、風景写真の癒し効果は明らかになってるんですよ。

試しに「美しい風景」というワードで画像検索してみてください。
うっとりするようなキレイな風景写真がたくさん出てきて、ただただ癒されます。

あと、インスタグラムなどでも、プロの写真家さんがキレイな風景写真をいっぱいあげています。

つわりでイライラしているときは、お気に入りの風景写真を見つけよう

お気に入りの写真家さんを見つけるのも、楽しみの1つですよ。

■まとめ:つわりでイライラするときは、7つの解消法を試してみよう!

まとめ

つわりのイライラ解消法を、おさらいしましょう。

  1. イライラしたことを紙に書き出す
  2. やるべきことをとことん減らす
  3. 共感してくれそうな誰かに相談する
  4. 旦那に要求をはっきりと伝える
  5. 生活リズムを規則正しく
  6. 天気の良い日にお散歩する
  7. キレイな風景写真を眺める

上記をさっそく実践して、つわりのイライラを克服しましょう。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。