つわりでだるいときに無理してはいけない3つの理由【とにかく休んで】

つわりでだるい。動けない。何もしたくない。
でも家事はやらなきゃいけないし、仕事もある。
どうしよう…

そんな妊婦さんへ。

本記事では、以下の内容についてお話します。

  • つわりでだるいときに無理してはいけない3つの理由
  • つわりでだるいときの5つの対策

この記事を書いている私自身、つわりのだるさをイヤというほど味わった経験があります。

そのときの経験に基づいた内容となっているので、参考になるかと思います。

この記事を読めば「今は無理せず休む時なんだ」と認識できて、休むことへの後ろめたさがなくなりますよ。

■つわりでだるいときに無理してはいけない3つの理由

クエスチョン

つわりでだるいときは、無理して動いてはいけません。

その理由は以下の3つです。

  1. 思わぬ事故につながるかもしれないから
  2. つわり症状が悪化するから
  3. だるい時は何をやってもうまくいかないから

では詳しく解説していきます。

1.思わぬ事故につながるかもしれないから

つわりでだるいときに無理して動くと、思わぬ事故につながるリスクが高まります。

たとえば、以下のようなことですね。

  • 道行く人や自転車にぶつかる
  • 階段でつまずく
  • 熱いものをこぼす

妊娠中、しかもつわりでだるいときとなると、注意力や瞬発力がものすごく落ちているからです。

つわりでだるい妊婦さん

普段ならサラッと回避できていたことも、妊娠中だとそうはいかなくなります。

私の元同僚は、妊娠中に職場のちょっとした段差につまずいて、足を骨折しました(赤ちゃんは無事でした)。

なのでつわりでだるいときは、なるべく行動範囲を広げない方がいいです。家で安静にしているのがいちばん。

2.つわり症状が悪化するから

基本的に、体がだるいときに無理して動くと、だるさは余計に増します。

それだけでなく、他のつわり症状(吐き気や頭痛など)も悪化します。

「しんどいのに無理して動く」という行為そのものが、ストレスを倍増させるからです。

ストレスは、症状を悪化させる最大要因なんですよ。

ただでさえつわりでつらい体に、ストレスでムチ打つようなものです。

「つわりは病気じゃないから…」と無理する気持ちもわかりますが、明らかな「症状」があるんですから、結果として病気の状態と同じです。原因が違うだけで。

なので、堂々と休むべきなんですよね。

3.だるい時は何をやってもうまくいかないから

つわりでだるいときは、基本的に何をやってもうまくいかないです。

先にも述べたように、つわり中は集中力や瞬発力が落ちているからです。

何かとミスはするわ、物は落とすわ、それでやたらと気分も落ち込むわ…ほんと良いことありません。

「こんなんだったらもう何もせず休んどきゃ良かった…」と後悔することになるはず。

だからこそ、潔く安静にしておく方が良いんです。

■つわりでだるいときの5つの対策

対策

つわりでだるいときは、以下5つの対策をとりましょう。

  1. 家事は夫に任せる
  2. 掃除は最低限
  3. 仕事はできるだけ休む
  4. 体を冷やさない
  5. 生活リズムを規則正しく

では順番に詳しく解説していきます。

1.家事は夫に任せる

つわりでだるいときは、家事なんて一切しなくて良いです。

家事って、実はそこそこの重労働。体がだるいのに家事をし続けていたら、いつまでたっても楽になりません。

旦那さんに家事を全任せしましょう。つわりの時期だけなんですから、遠慮は不要です。

「夫は家事できないから無理…」という人、ざっくりやり方だけ教えてあとはとにかくやらせてください。そこは甘やかしちゃダメ。

ご飯はスーパーのお惣菜とかで良いわけですから、あとは洗濯と食器洗いくらいですよね。子供じゃないんだから、これくらいはできるはず。

ちなみに旦那さんが家事をやっているところは、見ない方が良いですよ。見ると、いろいろ指摘したくなっちゃうから。

思い切って全任せした方がお互い楽です。

2.掃除は最低限

つわりでだるい最中は、掃除は最低限で良いです。

最低限というと具体的には、トイレ掃除だけを1~2週間に1回の頻度でやっておけば十分です。

つわりでだるいときもトイレ掃除だけはやっておこう

トイレ掃除も旦那さんに任せましょう。

他の場所については、つわりが治まってから掃除すれば良い話。

一般的につわりは安定期に入るころには治まるので、それまでの間に掃除をしなかったからといって、どうなるわけでもありません。

つわりでだるいときは、「今やらなくてもいいこと」はガンガン捨てることが大切。掃除もその1つですよ。

3.仕事はできるだけ休む

つわりでひどくだるいときは、基本的に仕事は休むことをおすすめします。

だるい中で仕事をやってもたいてい上手くいかないし、周りに気を遣わせるし、「つわりでも働く」という悪しき前例を作っちゃうし、メリットがありません。

ただ、「家にいる時よりも仕事中の方がつわりが楽」というケースもあるので、試しに出社してみるのはアリかも。

あまりに症状がひどければ、病院にお願いすれば「診断書」「母性健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらえるかもしれません。

つらくてどうしようもないときは、一度病院に相談してみましょう。

4.体を冷やさない

つわりでだるいときは、できるかぎり体を冷やさないようにしてください。

冷えはあらゆる体調不良の元です。

つわりのときって、冷たいものを食べたくなりがちですよね。なので余計に体が冷えやすくなっています。

だからこそ、意識して以下のことを心がけてください。

  • 体調が良い時は歩く
  • 白湯を飲む
  • お風呂につかる

白湯は、水筒に入れて常に持ち歩いておくといいですよ。飲むと胃腸を元気にしてくれます。

5.生活リズムを規則正しく

つわりでだるいときでも、生活リズムだけはある程度規則正しくしておきましょう。

だるいからといってめちゃくちゃな生活リズムを送っていると、自律神経が乱れてさらにだるくなってしまいます。

具体的には、

  • 起床時間
  • 食事の時間
  • 就寝時間

上記の3点だけは、ある程度毎日そろえましょう。

理想を言えば、早寝早起きがベストです。

また、朝起きたらなるべく日光を浴びるようにしてください。心身の調子がととのいます。

つわりでだるいときは日光を浴びよう

夜眠れないという人は、お布団に入って読書してみましょう。スマホいじりはNGですが、紙の本を読むのは、人によってはかなり入眠効果があります。

■まとめ:つわりでだるいときは、とことん楽しよう

まとめ

これまでのお話をまとめます。

つわりでだるいときに無理をしてはいけない理由は、

  1. 思わぬ事故につながるかもしれないから
  2. つわり症状が悪化するから
  3. だるい時は何をやってもうまくいかないから

おすすめの対策は、

  1. 家事は夫に任せる
  2. 掃除は最低限
  3. 仕事はできるだけ休む
  4. 体を冷やさない
  5. 生活リズムを規則正しく

つわりでだるいときは、面倒ごとは手放して、とことん楽をしましょう。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。