つわりで口の中が気持ち悪いときの対処法【2つのパターン別に解説】

つわりで口の中が気持ち悪い…対処法を教えてください。

そんな妊婦さんへ。

本記事では、つわりで口の中が気持ち悪いときの対処法を解説します。

つわりで口の中が気持ち悪くなる症状には、大きく分けて以下の2パターンあります。

  1. 口の中が乾燥して気持ち悪い
  2. 唾液が多すぎて気持ち悪い(=よだれつわり)

上記の症状別の対処法をまとめているので、自分自身の症状にあった対処がとれるかと思います。

口の中の気持ち悪さがなくなれば、吐き気やイライラも軽くなりますよ。

つわりで口の中が気持ち悪いときの対処法

あなたの症状はどっちですか?↓

口の中が乾燥して気持ち悪い!

唾液が多すぎて気持ち悪い!

※クリックすると、該当の対処法にとびます。

■口の中が乾燥して気持ち悪いときの対処法

対策

つわり中は、ホルモンバランスの影響で唾液の量が減り、

  • 口の中が乾燥する
  • ネバネバする
  • 口臭がきつくなる

…といった症状が出ることがあります。

この場合の対処法は、以下の5つです。

  1. 寝る前に丁寧な歯磨きをする
  2. シュガーレスガムを噛む
  3. 食事をよく噛んで食べる
  4. 納豆を食べる
  5. 腸内環境をととのえる

では詳しく解説していきます。

1.寝る前に丁寧な歯磨きをする

つわりで口の中が乾燥しているときは、寝る前に丁寧な歯磨きをしてください。

鏡を見ながら歯磨きしましょう

口内環境が悪くなると、唾液の分泌量も狂いやすくなるからです。

寝る前の丁寧な歯磨きで、菌の増殖を最小限に抑えられます。

なお必ずフロス歯間ブラシも使ってくださいね。歯ブラシだけでは、大量の食べカスが口内に残ります。

あと、「歯磨きすると気持ち悪くなっちゃう」という方は、つわり中の歯磨きが楽になる3つのコツをご覧ください。

2.シュガーレスガムを噛む

口の中が乾いて気持ち悪いときは、ガムを噛んでみてください。

ガムを噛むと唾液が分泌されますし、口の中もスッキリします。
特に食後はおすすめ。

ただ、砂糖の入っているガムはNGです。

えー、どうして?

砂糖は口内菌のエサになるんだよ。菌が増えちゃうから意味がない。

というわけで、シュガーレスガムを噛むようにしてくださいね。

3.食事をよく噛んで食べる

つわりで口の中が乾燥しているときは、普段の食事をよく噛んで食べるようにしてください。

1口に30回は噛むようにしましょう。

よく噛んで食べた方が、唾液の分泌量がかなり増えます。

つわり中の早食いはNG

これを機に、よく噛んで食べる習慣をつけると良いですよ。

胃の負担も軽くなるし顔も痩せやすくなるし、良いことずくめですからね。

4.納豆を食べる

口の中が乾いているときは、納豆を食べましょう。

納豆を食べると、唾液量が増えます。

なんで納豆で唾液が増えるの?

納豆に含まれる「ポリグルタミン酸」に、唾液分泌作用があるんだよ。

納豆も、これを機に食べる習慣をつけておくと良いです。便秘にも良いし、血液サラサラ効果もあるので。

私も1日1パックは食べてます。

5.腸内環境をととのえる

つわりで口の中が乾燥しているときは、腸内環境も改善すべきです。

腸内環境が悪いと、唾液の分泌量がおかしくなることがあるので。

腸と口はつながってるから、互いの影響を受けやすいんです。

腸内環境をととのえるには、生活習慣の改善が必須です。

ではどういった生活習慣が良いのか、詳しくは妊娠中の便秘解消法20箇条にまとめておりますのでご覧ください。

■唾液が多すぎて気持ち悪いときの対処法

方法

妊婦さんによっては、つわり中に唾液が過剰分泌されるケースもあります。

これも主にはホルモンバランスの影響ですね。

いわゆる「よだれつわり」というやつです。

こういった場合に効果的な対処法は、以下の6つです。

  1. こまめに水か白湯を飲む
  2. こまめにうがいをする
  3. 寝る前に丁寧な歯磨きをする
  4. 何かに集中する
  5. 生活リズムを規則正しく
  6. 腸内環境をととのえる

上記について、詳しくは よだれつわりが楽になる6つの対策にまとめております。

よだれつわりを克服したい妊婦さんはご覧ください。

まとめ:つわりで口の中が気持ち悪いときは、症状別の対処を

まとめ

つわりで口の中が気持ち悪いときの対処法を、おさらいしましょう。

まず口の中が乾燥して気持ち悪い場合は、

  1. 寝る前に丁寧な歯磨きをする
  2. ガムを噛む
  3. 食事をよく噛んで食べる
  4. 納豆を食べる
  5. 腸内環境をととのえる

逆に、唾液が多すぎて気持ち悪い場合は、

  1. こまめに水か白湯を飲む
  2. こまめにうがいをする
  3. 寝る前に丁寧な歯磨きをする
  4. 何かに集中する
  5. 生活リズムを規則正しく
  6. 腸内環境をととのえる

さっそく今日から実践して、口の中をさっぱりさせていきましょう。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。