つわりでとにかく眠い妊婦さんに。眠気を抑える3つの根本的な対処法

つわりでとにかく眠い…
仕事中も眠くて、困ってます。何か良い対処法は?

そんな妊婦さんへ。

本記事では、ヘルスケアプランナーのアケチが、つわり中の眠気を抑える3つの根本的な対処法をご紹介します。

つわり中の眠気を払う方法としては、ガムを噛む・立って動き回るといった方法がありますが、これらは言うなればその場しのぎの対策。

またすぐに眠気がやってきてしまうので、いたちごっこですよね。

なのでこの記事では、そもそも眠気自体がなるべくこないようにする(or軽くなる)方法を解説していきますね。

実践すれば日中の眠気が軽くなり、わりと元気よく活動できるようになりますよ。

■つわりでとにかく眠い妊婦さんに。眠気を抑える3つの対処法

対策

つわり中の眠気を抑える根本的な対処法は、以下の3つです。

  1. 昼寝の仕方に注意する
  2. 朝は遅くまで寝すぎない
  3. 夜しっかり眠れるようにする

では順番に詳しく解説していきます。

1.昼寝の仕方に注意する

つわりで眠気がひどいときは、もちろん昼寝をしても良いのですが、その際は以下の2点に注意してください。

  • 30分以上の昼寝はしない
  • 15時以降の昼寝はしない

というのも、まず30分以上の昼寝は頭痛だるさを引き起こします。

また、15時以降に昼寝すると夜眠れなくなって、結局翌日の日中にまた眠気が来てしまいます。

早めの時間帯にとる30分以内の昼寝なら、体を元気にしてくれるし眠気も解消できるので、効果的です。

つわりで日中眠い時は、短めの昼寝を

でも私、仕事してるからそもそも昼寝できない…

そういうときは、個室に入って3分間 目をつむるだけでも違うよ。

ただ、そもそもつわりで眠気がひどいときは、仕事も休んだ方が良いですけどね。

というのも無理に仕事に行ったとしても、

  • 出勤中の思わぬ事故につながる
  • ミスを連発する
  • 周りに気を遣わせる

…といった可能性があり、あまり良いことがないからです。

総合的に考えると、眠気がひどいときは仕事は休む方がメリット大ですよ。自分にとっても周りにとっても。

吐き気や頭痛と同じで、眠気もれっきとしたつわり症状ですから、休んだって悪いことはありません。無理しないでくださいね。

2.朝は遅くまで寝すぎない

つわり中の眠気を抑えたいなら、朝の寝すぎに注意してください。

朝遅くまで寝すぎると、夜、眠気がくるのが遅くなりますよね。
そうすると、眠くなるまでにスマホをいじったり考え事をしたりしてしまうので、就寝時間が余計に遅くなりやすいんです。

結果として睡眠時間が短くなり、翌日の眠気が増すという悪循環に…

というわけで、朝は遅くても7時くらいまでに起きるのがおすすめです。理想はもっと早く。

さらに、朝起きたらすぐ日光を浴びると良いですよ。

自律神経は朝の日光で改善

朝日光を浴びると、その15時間後くらいにメラトニンっていう眠気ホルモンが分泌されるんだよ。

へえ。じゃあ7時に起きて日光を浴びれば、22時くらいには眠気が来る感じだね。

しかも、日光を浴びるとセロトニンという幸せホルモンも分泌されるので、自律神経が改善されて、眠気もより軽くなります。

3.夜しっかり眠れるようにする

つわり中の眠気を抑えたいなら、夜しっかり眠るようにしてください。

夜眠れていないと、日中にどうしても眠くなります。

でも、夜は吐き気とか気持ち悪さがひどくてなかなか眠れない…

夜につわりがひどくなる妊婦さんは、結構多いからね。でも策はあるよ。

つわりで夜眠れないときは、以下の方法で寝つきが良くなることがあります。

  1. 眠れないときは読書してみる
  2. 日中に昼寝しすぎない
  3. 早起きをする
  4. 睡眠環境を快適にする
  5. 仕事は無理して行かないスタンスで

2・3・5あたりは、この記事と被ってますが…

夜眠れない時の対処法について、詳しくは つわり中の寝つきが良くなる5つの方法の記事にまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。

■まとめ:つわりで日中眠いときは、3つの対処法を試してみよう

まとめ

つわりで眠いときの対処法を、おさらいしましょう。

  1. 昼寝の仕方に注意する
  2. 朝は遅くまで寝すぎない
  3. 夜しっかり眠れるようにする

できることからでいいので、試してみてくださいね。

以上、アケチ(@akechi_kodomo)でした。

おすすめ記事

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。

この記事を書いた人

アケチ

アケチ

2歳男児を育児中のヘルスケアプランナー。